たかしゃんの就活転職日記

【就活・転職初心者必見!】絶対に使ってはいけない転職エージェントの特徴3つ

駆け出し管理職の「しゃん」です。

 

前の動画でもお話したのですが、

実際に転職エージェントを使うことは一般化しつつある中で、意外と知られていないことが、転職エージェントの本音の部分です。

 

おさらいはこちら!!

【転職初心者必見!】転職エージェントの仕事内容と本音に迫ります!

 

転職エージェントに行ったからとて、必ずしも転職がうまくいくとは限りません。

反対に転職エージェント経由で就職した後に人生がくるってしまった人を私は何人も見ています。

転職エージェントと面談をすると初めの方は、

「どんな希望でも聞いてくれるんだろうな~」とか「転職というか人生相談みたいなものもできるのかな」とか、

多少キラキラした想像で面談に行く人が多いのですが、正直言ってそのままでは痛い目に遭いますので、これ機にぜひご認識を変えていただきたく思います。

時間がない方はこちら!!動画でも配信しています!

 

掲載料でお金をもらう求人広告ビジネスと違って、転職エージェントは求職者を企業に入社させてはじめて報酬が発生します。

なので、相談しに行ったその求職者をいかに売りさばくかが転職エージェントの仕事ともいえるんです。

入社タイミングで企業から求職者に提示される年収の30~40%を転職エージェントはもらうのですが、

例えば年収提示が500万円でその40%であれば200万円が転職エージェントに入るわけです。

これは手数料ビジネスの中でも群を抜いていますよね。銀行や不動産仲介、証券なんかとも比べ物にならない割合です。

 

この大きな利益のために、求職者側が希望していない条件の求人を紹介してきたり、

それを応募するように強要されたり、選考を辞退しようか迷っていたり入社するか迷っていたらいきなり怒られたり、

そんなことが転職エージェントを利用しているとしばしば起こるのですが、その原因は全て入社決定によりお金を生み出したいからということが原因なのです。

 

なので求職者側としては、自分の要望に100%答えてくれるわけではなく、

転職エージェントはあくまで自分たちの利益を目的として仕事をしているんだなという認識をしておくべきです。

ボランティアでやってるんとちゃうんやで~。

さて、そんな中で、

転職エージェントの中でも求職者の就業先を親身になって考えてくれたり、就業後もサポートをしてくれるエージェントもいるので、

全てのエージェントが求職者をお金のように扱うというわけではないということは言っておきたいのと、

では、どんな転職エージェントが利用を避けるべきエージェントなのかということを今回はお話していきたいと思います。

 

こちらも参考に!

転職の際、採用の際にお世話になった転職エージェント・転職サイトの比較・感想【20代の転職の参考に】

転職エージェントを選ぶ際の参考にしてください!

特徴その1 初対面からタメ口で接してくる…。

利用を避けるべき転職エージェントの特徴1つめは「求職者にタメ口で話をしてくる」というものです。

特に初回面談からタメ口。これは本当に気を付けた方が良いです。

心理的要素として、「相手にタメ口を使う」=「対等の関係」とか「相手と仲良くなりたい」という心理が働いているのは事実です。

ただ、初対面でのタメ口は対等どころか、見下しているから使ってしまう、仲良くなって求職者を言い包めたいからタメ口を使うという心理の表れでもあるからです。

どれだけ年齢が離れていても、立場が違っても、初対面で相手への理解度が低い場合はまずは敬語で接してくれることが当たり前です。

特徴その2 求人票以外の内容を知らない…。

使ってはいけない転職エージェントの特徴2つ目は「求人票以外の内容を知らない」エージェントです。

これは世間には中々公表されにくいですが、一部の大手エージェントでは、

キャリアアドバイザーが契約社員や派遣社員であったりする場合があります。

絶対ではないですが、そういったアドバイザーのほとんどは企業の中身を詳しく知ることは難しく、

求人票に書いている内容を読み上げることしかできません。

なので職種や勤務地・就業条件などしか情報がなく、

求職者の知りたい、仕事内容やそのやりがい・社風・離職率・経営状態などの求人票に記載のない情報を聞き出せない場合があります。

その点、良いエージェントは企業からの情報や過去に入社した方へしっかりとインタビューをするなどして、現社員の本音や経営状態など、外から取りにくい情報を知っているものです。

特徴その3 都合の良い時だけ連絡をしてくる…。

最後、使ってはいけない転職エージェントの3点目は「都合の良い時だけ電話してくる」転職エージェントです。

これは本当に多いパターンです。

選考に通過した時、内定が出た時だけ、求職者の意向を上げたいがために何度も何度も電話をしてくる。

そんなときだけ「〇〇さん、株式会社〇〇通過しましたよ!次、いつ面接できますか?この会社、内定出たら行きますか?」などと、がめつく入社の意向を問うてきます。

 

そのくせに、面接で落ちたり、中々内定が出ないときには一切電話では連絡してこずメールでの素っ気ない内容ばかり。

ときに求職者が転職エージェントに「何が原因で落ちたのでしょうか?」と質問しても、「お答えできません」「ほかの人との比較です」「社風と合わなかったようです」と、改善につながらない、具体性の欠ける理由ばかり。

この手のエージェントはまさに目の前の売れる求職者にしか興味のないタイプで、都合の良い人にしか向き合わないエージェントです。

本来、目の前の求職者が苦戦していれば、助言や企業との交渉をしてくれますが、この手のエージェントについては、

自分にとって都合の悪い求職者を見捨てているので、それだけ普段から多くの求職者を抱えていることもあり、大手の転職エージェントでもありうる話です。