妊娠した直後に起こったこと3つ|妊娠超初期症状・兆候についての体験談を書いてみた!

現在妊娠7週目のゆーみんです!
今回は妊娠の超初期症状を実際の体験談を元に書いていきます~!
まだそれが妊娠していると確信がなかったころ、「妊娠2~4週目」にあった兆候や症状についてです!

まさかこの頃にお姉ちゃんが妊娠していたとは・・・。

超初期症状その1.風邪っぽくなった(喉・頭痛)

そもそも「妊娠初期」といっても妊娠を確信する前の超初期お話です。 「これは妊娠したな・・・。」と確信する第一歩になったのが、風邪のような症状です。

喉がイガイガ痛くて、喉の奥に違和感がある感じ。頭が痛くなったのはこの後のことでした。 熱は出ている感じはなく、実際に熱は出ていませんでした。

いつもならこのタイミングで風邪の時は風邪薬を飲むけど、妊娠を確信したから飲みませんでした!

いつもならこのタイミングで風邪の時は風邪薬を飲むけど、妊娠を確信したから飲みませんでした!
(ほんとに妊娠していたら飲んだらダメだからね!)
この 熱っぽい状態は1~2日間くらいこの状態が続きました。

あとは、台風や雨で低気圧になった時はより体が敏感になり、体がだるくなったり、いつもより頭痛がひどくなったりします。

超初期症状その2.少しの運動もしんどくなった・・・。

駅の階段がとにかくしんどくて、一緒に出勤している旦那に追いつけなくなりました~・・・。(運動不足とか言うなw)
あと、何をするにしてもしんどくなる、ついつい「はあ~。」とため息をついてました。

確かに、けだるい感じでよくため息をついていたり、精神的にも不安定になっていたかな。

運動=ランニングとか筋トレとかではなく、しんどくなるというより、動くこと自体がしんどい、億劫(おっくう)になる時期です。

深キョンの「だるおも~」状態ですw。

超初期症状その3.日中は超眠くて、夜は寝れないことも・・・。

もうこれは本当にただただ眠い・・・。

普段からも昼食後はかなり眠いですが、それを過ぎても午後は夕方まで常に眠い感じでした。お昼寝しないとどうにもならない感じでした。

ただ、夜寝るのが遅くなってしまいました。

普段は目の堅い旦那よりも寝るのが遅くなり、デカいいびきを毎日効く羽目になっています。

あ、ごめんね・・・。笑

その後の症状について

生理痛のような痛み

生理予定日3日後くらいにお腹に痛みが・・・。

「あ、もしや妊娠してない?」と思いながらも、これまでの初期症状からして、「恐らく整理は来ないだろう」とほぼ確信していました。

下腹部のキリキリした痛みや気持ちも少し沈みがちになるのはほぼ生理痛と共通していましたが、トイレ(おしっこ)がめちゃめちゃ近くなるように。1時間に1回くらいのハイペース。その分水もしっかり飲むようになりました。

普段は意識的に飲んだことはなかったけど、一日1リットルは必ず飲むようになりました。

便秘と下痢の繰り返し

普段は快便タイプ2~3日に1回のペースになりました、かと思えば急に下痢になったり…。

食生活が偏ってしまうと調子を崩しやすくなってしまうよ!
私も普段は焼き肉・中華料理・揚げ物とかが大好きでそればっかり食べていたけど、徐々にヨーグルト野菜をたくさん摂るようになりました!

タバコの臭いにより一層敏感に

私の住むマンションはお隣さんが中々のヘビースモーカーなのです。妊娠を疑う前はお隣さんがタバコを吸うときになっても「少しにおうなあ~」くらいだったのですが、妊娠しているかも、となると窓をピシャリと閉めるようになりました。笑

その他にも、飲食店や職場でもタバコのニオイにはかなり敏感になりましたね。

禁煙者でよかったです・・・。
もし旦那さんやご本人が喫煙者だとニオイは結構きついかもね・・・。

※旦那(たかしゃん)から追記

妊娠超初期には、かなり体温が高くなっていた印象です。

となりで毎日寝ていますが、本当に熱があるんじゃないかと毎日のように思っていました。

(実際には平熱より少し高いくらいで熱はなかったです)

体を冷やさないこと」「(運動で)無理はさせないこと」をとにかく徹底していました。

ツイッターでは ブログ更新情報や日々の仕事をつぶやき中!気になる方は (@takashan5) をフォローしてくださいね~♪

それでは今回はこの辺で。駆け出し管理職のたかしゃん(@takashan5)でした~。