就活・転職エージェントの裏側

ブラック企業のブラック度合いは増すばかり

 
この記事を書いている人 - WRITER -
新卒で少し大きい人材系の企業に就職し、有難いことに毎年表彰を受けてよく海外にいます。 「ド」がつくほどの社内ベンチャー部署で、採用アドバイザー、キャリアカウンセラー、広告代理店販売、などなど何でも屋さんを経験。 就職・転職などの『就活』と会社側の『人の採用』の支援を仕事にしています。 相方とにゃんこ2匹と楽しく暮らしています。
こんにちは。
しゃんです。
前回はホワイト企業とブラック企業の見分け方というテーマで書きました〜。

結構ありきたりな内容なんですけど、
就職する際には意外と忘れがち。
そしてブラックホールに飲み込まれちゃいますので気をつけてくださいねー。という内容です。
残業代の問題は、特に管理職になる前の20代には重要なことで、
前回の内容でいうと、
<残業代全額支給の企業>と
<20時間分の見込み残業(サービス残業)の企業>
とでは、
月給20万円として10年間働いたとして、
1ヶ月で31250円
1年で375000円
10年で3750000円
 もの開きがある!
なので、
結婚式かいい車一台プレゼント!
ぐらい差が開きます。
or
結構でかい!!
でかすぎるね。
今回は、そんなブラック企業をさらに深掘りしていく、という内容にしています。

今の時代から見ると過去は皆んな黒かった

「残業代」とか「時間外手当」とか同じ意味なんですけど、
これってそもそもいつからあるんだろう。
会社の人って、みんな昔も定時ぴったりで帰ってたわけじゃないよね?
ってことで、
少しだけ、「残業の歴史」を調べました。
もう、ドロッドロよ。

残業の歴史について

これはいまだ人と人ならざるものの世界が分かたれていなかった古の物語、、、
国ある所に聖騎士あり、、、
それ即ち七つの大罪、、、」
じゃなくて、
「残業」の話ししましょ!
(個人的にはバンが好きです)
 
約10数年前、今よりもっと有効求人倍率が低かった時代。
人の人数に対して仕事の数が少なかった時代は、
「買い手市場」と言われ、
「買い手」要するに企業側に「有利」な市場、
という時代でした。
なので、就活生はもちろんのこと、
転職者も仕事にありつくには一苦労だった時代ですね。
仕事の数が少ないんだから、
今より暇だし、早く帰れるんじゃないの??
って思いますよね。
ぜんっぜん、違います!!
むしろ逆。
残業代はきっちり出す、という文化がまだなかった時代、
「タダで働く奴=会社に尽くせるいい奴」
「会社に尽くせるいい奴=評価すべき対象」
と、意味のわからない美徳が出回っていたのです。
なので、サービス残業はして当たり前、
「上司より先に帰るとか、どんだけやる気ないねん!!」
と怒鳴られていた時代ですね。
上司に気に入られるためには、
徹夜もするし、昼飯も抜きます。
お酒の席でもゴマスリスリです。ゴマペーストです。
(こんな生活してたらめっちゃ痩せそう…。)
こうなってくると、社内で評価される人物は、
どれだけ売上を上げるかというよりも、
どれだけ自分の時間を削っているか、
上司の思い通りになるかという、
「主従関係」をきっちり守れる者しか上には上がれませんでした。
なので、面接なんかでも
ほとんどの企業は家族構成や部活動での縦割り関係のことを中心に聞き、
「こいつ、どれだけ言うこと聞ける奴なんだ??」
という視点でしか面接なんてしてません。
こんな感じで、まず問題なのは上司にあたる人たちに当事者意識がなくて、
自分たちのいいようにしか会社や部下を扱ってこなかったってこと
こんな環境だからこそ、若手社員が違和感を抱いても
「そんなんオカシイんじゃね?」
と主張できなかったんですよね。
「絶対、違和感ありまくりやん。半端ないって。
こんなんできひんやん普通〜。」
って感じでしょう。笑
そんなこんなで現在のニッポンに、
これまでの風潮を持ち出してしまったのが、
いわゆる「ブラック企業」なわけどす。

現代でも過去を振りかざす「ブラック企業」の特徴

前述でもわかるように、
過去10年前は、ほとんどの企業が残業代を出していませんでした。
これは今の時代から見ると、立派な「黒」です。
みんな黒。
でも、時代の流れとともに、
だんだんみんな白くなってきた。
なのにまだ黒いところもある。
結局は変わることができない企業。
変化できない。
動けない。
そんな企業がブラックなのです。
最悪の場合は労働基準監督署に届け出たり、
法律事務所に相談したりと、
色々打ち手はありますが、
できればそもそも被害者になりたくたいでしょう。
裁判するにもお金かかるし。
結局できない人多いし。
なので、事前に調べて、
いい会社に入ってください〜。
この記事を書いている人 - WRITER -
新卒で少し大きい人材系の企業に就職し、有難いことに毎年表彰を受けてよく海外にいます。 「ド」がつくほどの社内ベンチャー部署で、採用アドバイザー、キャリアカウンセラー、広告代理店販売、などなど何でも屋さんを経験。 就職・転職などの『就活』と会社側の『人の採用』の支援を仕事にしています。 相方とにゃんこ2匹と楽しく暮らしています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 就職エージェントたかしゃんの思い , 2018 All Rights Reserved.