【働くママへ!】妊娠中期から後期で働く上で大変だったこと3選・体調編!

妊娠中期からは、

顕著に体調や精神的にも変化が大きくなるので、

前もって知っておくと気持ちも楽になりますよ!

その1:耳の不調…

私の場合、15時すぎた頃から耳に空気がたまる感覚がありました。しかも毎日…。頭を心臓より下にさげることで、その時は改善するのですが、1時間もするとすぐもとに戻ってしまいます…。

このせいで周りの音も聞こえずらいし、自分の声も反響してとても気持ち悪かったです(産休入ったらなくなったので、疲れからなっていた可能性大)。

仕事は20時までには帰るようにしていたのですが、週に2~3回は21時を過ぎることもありました。先生には、

妊婦は最悪でも就業時間プラス1時間に留める(18時就業なら19時には仕事終わる)こと!と産婦人科の先生にはこっぴどく怒られました。

※妊婦の働き方の目安がありますので、「仕事を先に抜けづらい」「残業が常態化している」という方は診断書を書いてもらえます。先生に相談すると「書こうか?」と気前よく言ってくれてたので身体第一で就業時間についてや、時差出勤について書いてもらってもよいかと思います◎

その2:お腹のはり…

私は営業職として勤めていたので外周りがあり、お腹のはりを頻繁に感じるようになっていました。(歩くスピード落としたり、ちょっと立ち止まることも。「お腹痛いなあ~」が口ぐせでした)

社内で座っているとそこまで張りは感じなかったのですが、帰社時間頃になるとパンパンに張っていました。幸い検診では順調とのことで予定出勤日まで無事働くことができました。

トコちゃんベルトでかなり改善しました!

妊娠中期で出会ったのが、この「トコちゃんベルト」です。

営業職で歩くことも多くお腹がよくはってました。 歩いては休憩しての繰り返しでこれではよくないと思い、とこちゃんベルトを購入。

お腹がはることもありましたが、しているとしてないとではお腹のはりが全然違う!これなしでは外出するのが怖くなるほど毎日愛用していました。

出産後も骨盤ケアに良いと思うのですが毎日の子育てを理由につけておりせん…。そろそろ復活しようかな…。

その3:動悸、息切れ…

営業でお客さん先についたら、動悸と息切れがハンパなかったです…。

話してる最中に動悸がおさまらず辛かった~。(その時は手つねったりして気持ち紛らわしながら時間が解決してました。笑)

ご飯を食べた後も動悸がしてしまうため、

①ゆっくり食べる

②食後すぐはあまり予定を入れない

③無理した時の次の日は午前休、午後休をつかう

比較的融通のきく職場だったので、残業が多かった次の日は半休にしたりして、無理をしないようにしていました。

まとめ

仕事から帰って横になると、耳の不調もお腹の張りもおさまっていたので、今思えばかなり無理してたなぁと思います。

産休に入ってから子宮頸管が短くなっているので安静にして下さいとお医者さんから指示があり、気が抜けたことと、今までの無理が祟った可能性もあります。今は実家に帰りほぼ横になる生活をしています。

最後までお読みいただきありがとうございます!よかったらInstagramフォローお願いします!

つむぎちゃんと家族のこともアップしています!

アカウントはこちらです~!

 

タイトルとURLをコピーしました